DHAやEPAとはどんなものでしょう。

EPAやDHAというものを聞いたことがあるでしょうか。

これは健康な体を維持するのに欠かすことの出来ない必須脂肪酸です。

脂肪酸とは油脂を作るのに必要な要素の一つで、バランスよく取ることで体調を整えるような働きをしてくれ健康のためには大事なものです。

脂肪酸の中でもDHAとEPAは「n-3系多価不飽和脂肪酸」

の一つだそうで青魚に多く含まれています。

「n-3系多価不飽和脂肪酸」

は融点が低く、常温では固まりにくいので青魚は冷たい水の中でも生きていけます。

それに比べ人間は多価不飽和脂肪酸を体内で作ることができないため食べ物から取らなければいけません。

これを必須脂肪酸といいます。

DAHやEPAなどの必須脂肪酸は体の中で働いていますが、バランスをくずしたり不足したりすると体調をこわす原因となると言われているので必要量をとるようにしましょう。

いわしやサバなどの青魚に豊富に含まれていて、最近よく聞く生活習慣病の予防にも役立つ健康な成分として注目されています。

DHAには動脈硬化・心筋梗塞・糖尿病・認知症・アレルギー性鼻炎・うつ病などなどたくさんの病気への改善の効果が出ているそうです。

血液の粘度を下げ、血液の流れを良くし、目や脳の働きを活性化する効果もあるので、DHAが十分あれば記憶力や学習能力も良くなるというのは以前から言われていましたね。

しかし歳をとるに従ってDHAは減少していき、不足してしまうと痴呆症になってしまう可能性もあります。

また、EPAは血管を柔らかくしてくれ、血液の流れが良くなるので、病気になりにくくなります。

中年になると中性脂肪が気になりますが、EPAを取ることで中世脂肪値が低下されたり、うつ病の改善にも役立っているそうで、イライラを抑える効果もあります。

詳しくは

DHAとEPAをご存知でしょうか?

を参照してみて下さい。

これらはとても体にいい効果をもたらせてくれ、太りにくくなるとか美容にもいいということで女性にはとてもうれしい効果だと思います。

食べてキレイになれるとはありがたい話ですね。

がんばってこれらを摂取するようにしましょう。