DHAとEPAの違い

ともに不飽和脂肪酸で必須脂肪酸で血液をサラサラにしてくれ動脈硬化や血栓症の予防をする効果があり、青魚に多く含まれることは同じですが、では何がどのように違うのでしょうか。

正式名称はDHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタ塩酸といい分子構造もよく似ています。

大きな違いはDHAが脳の働きに欠かせない成分で脳機能や視覚機能に効果を発揮します。

EPAは血小板凝集抑制効果に優れていて、血液や血管に働きかけてよい効果を発揮してくれます。

DHAにも同じ効果はありますがEPAほど効果は高くありません。

これが一番の違いです。

悪玉コレステロールを減らす効果はDHAの方が高く、血栓症を予防したり中性脂肪を減らしたりする効果はEPAの方が高いという結果が出ています。

この2つの相乗効果で脳血栓、高血圧、痴呆症、動脈硬化、脳梗塞などの生活習慣病のいろいろな病気の予防に効果が出ています。

ダイエット効果があったり、頭がよくなるとか、目が良くなるとか言われています。

成分は違いますが、一緒に摂取したほうが体のためには良いようです。

DHAが多く含まれる食材を考えてみましょう。

代表的なのは青魚ですが、その中にも種類がたくさんありその成分の含有量も異なります。

DPAを多く含む魚はまぐろ、ブリ、サバ、さんま、うなぎです。

EPAを多く含む魚はまぐろ、まいわし、サバ、ブリ、さんまです。

両方含まれるものを食べると簡単かもしれませんね。

ちなみに厚生労働省が推奨している1日の摂取量は1000mgですが、これを実際に摂取するためにはマグロで5切れ、いわしやさんまやあじなら1匹まるごとです。

さばが一番含有量が多いのですが、そのさばなら切り身ひと切れを毎日摂らなくてはいけなせん。

ちなみにアザラシの脂には多くのDHAが含まれているそうです。

アザラシは魚を食料としているので魚に含まれているDHAやEPAもアザラシの脂肪の中にたくさん含まれているのでアザラシの油で出来ているハープシールオイルを摂取したら効率よくDPAを大量に摂取することができます。

ハープシールオイルはネットでも買えるそうです。